スクリーンショット 2016-06-22 20.43.51

林立騎 ( はやし・たつき )

翻訳者、演劇研究者。おもに戯曲や演劇理論を翻訳。東日本大震災と原発事故を受けて書かれたイェリネク『光のない。』三部作の翻訳で第5回小田島雄志翻訳戯曲賞を受賞。2005年より高山明/Port Bの作品制作に参加、『東京ヘテロトピア』(東京)『北投ヘテロトピア』(台北)『マクドナルド放送大学』(フランクフルト)などで土地/演劇/観光/教育を横断するリサーチに携わる。2014-16年度、東京藝術大学大学院映像研究科のリサーチプロジェクト「geidaiRAM」を担当。現在、京都造形芸術大学非常勤講師、東京都港区文化芸術サポート事業評価員、沖縄県文化振興会チーフプログラムオフィサー、ロームシアター京都「古典芸能と現代演劇」リサーチャー。
(photo: Shintaro Wada)

・訳書 エルフリーデ・イェリネク『光のない。』(2012年、白水社)
・共編著 『Die Evakuierung des Theaters』(2014年、Alexander Verlag Berlin)
・リサーチ 高山明/Port B『東京ヘテロトピア』(2013年〜)など
・批評 「あらたなる地理の可能性 ―許家維の歴史−映像−地理学」(2018年)など