unami

宇波恵 ( うなみ・めぐみ )

エディター、リサーチャー。大学卒業後、外資系証券会社に勤務。その後国際会計事務所の東京事務所に5年半勤務した後、2012年からドバイ、2014年からシンガポールで実務経験を積む。2015年からドイツ在住。これまでに、東京国際芸術祭での制作アシスタント、日本人アーティストの海外プロジェクト(パレスチナ、ケニア等)やアートドバイ等の国際展のスタッフとして舞台芸術や現代アートの制作に関わる。2011年より、フランスの雑誌「Clam Magazine」のローカルコーディネーターとしてアジアや中東のアーティストのインタビューを発信し、展覧会の企画開催を手がける。アジア、中東、アフリカを結ぶアートプロジェクトを企画するclamlabのメンバー。