みちのくアート巡礼キャンプ2016 最終プレゼンテーション in 塩竈 (8/27-28)

現在1ヶ月間にわたり開催中のみちのくアート巡礼キャンプ2016。11名の参加者が、東北の歴史、風景、人々と出会いながら問いを深め、新たなプランへと昇華させるワークショップです。

今回は宮城県塩竈市、南三陸町、岩手県陸前高田市での合宿ワークショップ、そして福島県福島市での中間ワークショップを経て、いよいよ塩竈に帰還し最終プレゼンテーションを開催いたします。これから10年、20年先を見据えてどんな芸術の種が植え付けられるのか? ぜひ目撃ください。

<みちのくアート巡礼キャンプ2016 最終プレゼンテーション>
8月27日(土)17:00 – 21:00
8月28日(日)13:00 – 17:00
*発表者の順番は、26日中に特設サイトにて発表いたします。
*予約不要。
会場|宮城県塩竈市杉村惇美術館

講評者| 赤坂憲雄、窪田研二、高嶺格、畠山直哉、相馬千秋

<ワークショップの濃密なレポートはこちらから!>
8月3日:赤坂憲雄氏(民俗学者)
8月4日:小野和子氏(民話採訪者)、いがらしみきお氏(漫画家)
8月5日:志賀理江子氏(写真家)、山内明美氏(社会学者)
8月6日:小森はるか氏・瀬尾夏美氏(アーティスト)、畠山直哉氏(写真家)
8月7日:畠山直哉氏(写真家
8月15日-16日:高嶺格氏(美術家)、窪田研二氏(キュレーター)