公共と芸術フォーラム「21世紀の日本の広場」札幌開催 (9/3)

9月3日、札幌で開催される「公共と芸術フォーラム」に、芸術公社代表理事の相馬千秋が、企画およびモデレーターとして参加します。

「21世紀の日本の広場」はいかに可能か? パブリック/プライベートの二項対立を脱し、公共空間としての「広場」があらたな創造性を生み出すプラットフォームとして機能するには、何が必要なのか? 建築、アート、社会学の実践者を招き、未来型の「公共」のあり方を討論します。

公共と芸術フォーラム「21世紀の日本の広場」in 札幌
日時|2016年9月3日(土)15:00~18:30
会場|札幌駅前通地下歩行空間|北3条交差点広場(西)

第1部|15:00〜16:30|講演
北山恒(建築家) 
深田晃司(映画監督) 
毛利嘉孝(社会学者)

第2部|16:45〜18:30
シンポジウム「21世紀の日本の広場」
出演|北山恒、深田晃司、毛利嘉孝
モデレーター| 相馬千秋(アートプロデューサー)


Public Art Research Center 6[PARC6:Our Place]

パブリックからアートを考え、アートからパブリックを考える Public Art Research Center[PARC]は、現代のパブリックアートとパブリックスペースを多角的に考察していくアートプロジェクトです。6回目となる[PARC 6]のテーマは「Our Place」。公共空間の運営や活用方法、表現活動などをめぐる議論がたちあがる昨今、公共との関わり方や立場によって発せられる意見や考えは様々であり「公共空間は一体、誰の場所なのか?」「公共性とは何か?」という問いがうかびあがる。そこから「私たちの場所はどこか?」というテーマをかかげ、「Our Place」とした。札幌駅前通まちづくり株式会社が運営する札幌駅前通地下歩行空間(以下 チ・カ・ホ)も開通5年がすぎ、公共の地下通路の両端に広場条例が敷かれるユニークな試みのもと日々賑わいをみせている。この広場が、市民の創造性を引き出し、数多くの経済活動や表現活動などが生まれ、市民の自発的な活動を後押ししているのを目にする。昨年の[PARC5]に引き続き、チ・カ・ホ北3条交差点広場で9月3日に「公共と芸術フォーラム 21世紀の日本の広場」を開催する。本フォーラムで、チ・カ・ホを初め国内外の公共空間が引き出す創造性について考えてゆくことで、広場から生まれる「もの」や「こと」、場所がもつポテンシャルを掘り起こす。これからの広場を考えるにあたり、公共空間の可能性と限界、公共性がもつ問題点と将来像について、全国から有識者をお招きして公共と芸術の議論を深めていきたい。


主催|札幌駅前通まちづくり株式会社 
企画|一般社団法人PROJECTA、特定非営利活動法人芸術公社
問い合わせ|011-211-6406|info@sapporoekimae-management.jp

詳細はこちらから