TheaterCommonsLogo

シアターコモンズ

シアターコモンズとは?

シアターコモンズは、劇場/演劇の概念を拡張することで出現するあたらしい「劇場」です。日常生活や都市空間の中で「演劇をつかう」、すなわち演劇的な発想を活用することで、「来たるべき劇場」の形を提示することを目指します。

シアターコモンズは、演劇的想像力によって、異質なものや複数の時間が交わり、日常を異化するような対話や発見をもたらす「劇場」をアーティストとともに仕掛けていきます。演劇のみならず建築、都市リサーチ、文学、美術、福祉、などにも演劇的発想を応用し、レクチャー形式のパフォーマンスや社会関与型アート、ワークショップや対話型イベントなどを集中的に実施します。

シアターコモンズは、2017年1月から幕開けします。初年度は港区の共催のもと「港区文化プログラム連携事業」として港区内を中心に展開します。同じく初年度は台湾文化センター、東京ドイツ文化センター、アンスティチュ・フランセ日本とNPO法人芸術公社が実行委員会を形成して事業に取り組みます。今後も移ろいゆく時代に柔軟に応答しながら、東京オリンピックやその後の未来に向けて、一歩一歩「劇場」としての歩みを継続していきます。

参加アーティスト:

パスカル・ランベール(フランス) 
ワークショップ『都市をみる/リアルを記述する』
 
ラウムラボア・ベルリン(ドイツ) 
ワークショップ、ツアーパフォーマンス『HOUSE PEAK』
 
ワリス・ノカン チェン・ユーチン(台湾) 高山明 / Port B(日本)
レクチャーパフォーマンス、朗読『北投/東京 ヘテロトピアが交わる場所』
 
菅原直樹/OiBokkeShi(日本)
ワークショップ『老いと演劇』『老いのリハーサル』
 
藤井光(日本) 
ワークショップ『日本人を演じる』
 
Chim↑Pom(日本) 
レクチャーパフォーマンス『Chim↑Pom劇場』
 
連携企画 竹内公太(日本)
展示『写真は石碑を石にする、それでも人は』
 
Scene/Asia アッセンブリー 
登壇者:キュンチョメ、小鷹拓郎、江上賢一郎、居原田遥

シアターコモンズ シンポジウム 
登壇者:卯城竜太、高山明、藤井光、相馬千秋ほか

【開催概要】
会期|2017年1月25日(水)〜2月5日(日)
会場|東京都港区各所

主催|シアターコモンズ実行委員会
台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
ゲーテ・インスティトゥート 東京ドイツ文化センター
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
特定非営利活動法人 芸術公社

共催|港区 平成28年度港区文化プログラム連携事業
パートナー|SHIBAURA HOUSE

特設サイトはこちらから