PARC 公共と芸術フォーラム「21世紀の日本の広場」

2016年9月3日、PARC6 公共と芸術フォーラム「21世紀の日本の広場」が札幌にて開催されました。

札幌駅前通まちづくり株式会社が主催する「PARC 公共の芸術フォーラム」の一環として開催され、芸術公社代表理事の相馬千秋が企画およびモデレーションを担当。「21世紀の日本の広場」はいかに可能か? パブリック/プライベートの二項対立を脱し、公共空間としての「広場」があらたな創造性を生み出すプラットフォームとして機能するには、何が必要なのか? 建築、アート、社会学の実践者を招き、未来型の「公共」のあり方が議論されました。

こちらのレポートページでは、PARCとの共同のもと、当フォーラムのすべての登壇者の発言とプレゼンテーションを読みやすいPDF版でご覧いただけます。

企画趣旨 | 相馬千秋(アートプロデューサー)
イントロダクション(PDF 799KB)

In Between パブリック・プライベート|北山恒(建築家)
講演プレゼンテーション(PDF 3.7MB)

プレゼンテーション |  深田晃司(映画監督)
講演プレゼンテーション (PDF 1.4MB)

空間・文化・パブリックネス | 毛利喜孝(社会学者)
講演プレゼンテーション(PDF 2.7MB)

シンポジウム 21世紀の日本の広場
登壇:北山恒、深田晃司、毛利喜孝、司会:相馬千秋 
ディスカッション (PDF 2MB)