iwaki

岩城京子 ( いわき・きょうこ )

パフォーミング・アーツ(演劇・舞踊など)を専門とするフリージャーナリストと して活動。東京とロンドンを拠点に世界19カ国で取材、和英両文で執筆を行う。主な 執筆先に、AERA、新潮、朝日新聞など。ロンドン大学ゴールドスミス校博士課程在籍、ならびに同校非常勤講師。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院メディア研究所、ヨーロッパ日本研究国際会議などで日本現代演劇にまつわる研究論文を発表。近年はフリーのアート・コンサルタントとして、フェスティバル/トーキョーや ウェールズ国立劇場などに協力。芸術公社では主にScene / Asia チーフ・ディレクターとして、アジア諸地域のリサーチ、執筆、ウェブサイト運営、キュレーションの指揮を執っている。
(photo: Naoaki Yamamoto)

・著書『 東京演劇現在形 八人の新進作家たちとの対話』(2011年)
・共著『Ushio Amagatsu:Des rivages d’enfance au bûto de Sankai juku』(2013年)
・論文『Japanese Theatre after Fukushima: Okada Toshiki’s Current Location』(2015年)
・共著『Fukushima and the Arts: Negotiating Nuclear Disaster』(2016年)
・共著『A History of Japanese Theatre』(2016年)
・神奈川芸術劇場クリエイティブ・パートナー(2010年〜2011年)
・ベルリンテアタートレッフェン演劇祭 客員ジャーナリスト(2012年)
・Blog Camp in F/T 創設およりディレクション2012年〜2013年
・ロンドン大学演劇パフォーマンス社会学研究所研究員 2011年〜2016年